会員・寄附募集Menbership

『平和の大道―国際ハイウェイ・日韓トンネル―』

 期待に応えて堂々発刊!国際ハイウェイ・日韓トンネルがよく分かると好評!

只今、申し込み殺到中!

book_omote

[主な目次]
・救国・救世ビジョンとして期待
・日韓トンネル建設の課題とその克服
・北東アジアの共同体形成
・対馬開発の新提案
・ベーリング海峡トンネルの地政学的考察

著者: 佐藤博文 理事長
発行所: 一般財団法人 国際ハイウェイ財団
A5判 192頁
購入金額 1,000円
購入方法 銀行振込(ゆうちょ銀行)

 

※本著の購入をご希望の方は下記のボタンより、①お名前、②送付先ご住所、③ご連絡先(TEL、FAX、e-mailアドレス)、④お振込み日、⑤お振込み名義、をご送信ください。送信後、振込先口座をお送りします。御入金を確認次第、発送いたします。

 

書籍を購入する

 

平和の大道の推薦文

「宇宙的視点から世界平和を築く日本人となれ」

宗教、芸術、経済、科学的技術を総合化した、平和の大道―国際ハイウェイ・日韓トンネル―を我々はインテリジェント・デザイン(最適設計論)で「建設」しようとしている。

それは、表記しようとする理念と表現するための手段との有機的な一致によって創造された「客観視された精神」または「表現された生命」である。宗教や芸術や文化の中に、このような精神を見るのが欧米のみならず日本の文化・文明史の主流の考え方である。

 

この混沌たる地球の中で、「平和」は「勝ち取る」ものである。「元」の十万の大軍に対し、対馬の武士は女子供を対馬の山中に隠し、自ら二百数十騎で迎え撃ち、全員討死した。私共はその子孫でこのように長らえている。

それは概念から出ずるものでなく、認識の深奥から湧き上がって初めて創成される永遠の美しい「生命の表現」である。そこには時代、民族、習慣を越えて伝承される伝統がある。正しき伝統の理想は復古であると同時に未来である。そこには進歩があり、光明がある。古人の活動・情熱の成果に触れ、啓蒙され、自己の行き方を修正し、次なる飛躍の情熱とエネルギーが蓄積される。伝統の中に新しさを導入するということは自らの中に存在しなかったものを創り出すことである。

 

この度の佐藤博文氏(一般財団法人国際ハイウェイ財団理事長)の『平和の大道―国際ハイウェイ・日韓トンネル―』はこのような“歴史の表現者”の歴史的な総まとめであり、同時にこれからの新しい伝統づくりの方向を示唆してくれる。「科学技術」と一体化した「確かなもの」の中核である。

本書の特徴は「平和の大道」の意味するもの、即ち何よりも全編を貫く人間尊重の心がある。これは私のような「人間の内面的な感性の表現」の研究を行っている者にも「共感」を与えるのみならず、地球全人類に極めて有意義な「情報」を与えてくれるものと確信している。

 

2018年5月11日

原爆の街、平和の街、祈りの街、長崎から

川口勝之(日韓トンネル推進長崎県民会議議長、元長崎大学教授、工学博士)
 

※本著の購入をご希望の方は下記のボタンより、①お名前、②送付先ご住所、③ご連絡先(TEL、FAX、e-mailアドレス)、④お振込み日、⑤お振込み名義、をご送信ください。送信後、振込先口座をお送りします。御入金を確認次第、発送いたします。

 

書籍を購入する

  • 会員・寄附募集

講演会だより

会長スピーチコーナー

論文コーナー

会員・寄附募集

ビデオ紹介

パンフレット

Q&A

九州地区の産業政策

日本海国土軸構想

ページの先頭へ