報道関係資料Press Relations

『釜山市が環日本海経済圏の中心地になるには海底トンネルが必要だ』釜山市が今年、韓日海底トンネル建設の妥当性を分析する研究用役に乗り出す。 日本領事館前の平和の少女像の設置で、両国の外交関係が悪化した状況で、海底トンネルの建設が公論化されると、賛否両論が熱くなる見通しである。

韓日海底トンネル日本側始発点である九州佐賀県唐津の海底トンネル工事現場。

a753a8e9

釜山市は10日、ソ・ビョンス市長が出席した中開かれた「2017年政策コンサート」で、「西釜山圏発展戦略の一つである韓日海底トンネルの建設のための基礎研究を、3月から1年間実施する」と明らかにした。海底トンネルの建設は、市が2015年に発表した「2030西釜山グローバルシティグランドプラン」の50大プロジェクトの一つである。

 

釜山が韓国と北朝鮮と中国・日本・ロシアを結ぶ環日本海経済圏の中心地になるには海底トンネルが必要であるから、市長の意志を反映したものである。雇用費は1億ウォンである。

主な研究内容は、▷日韓海底トンネルが釜山経済に与える影響の分析▷国民意識調査▷実現可能なルートである。先に釜山発展研究院(BDI)は、2009年に釜山江西区~加徳島~日本対馬~壱岐の島~福岡(222.64㎞・事業費92兆ウォン)のルートを提示したことがある。日本側は九州唐津~壱岐の島~対馬~巨済島~加徳島~釜山(288㎞・事業費100兆ウォン)路線を好むことが分かった。

 

カギは海底トンネルに対する国民の情緒である。専門家の間でも「海底トンネルが経済交流だけでなく、日韓共同繁栄の象徴的な存在になるだろう」という主張と「日本が大陸に進出する通路の役割をして、釜山には実益がない」という反論が互角に対抗しているからである。最近、釜山少女像の設置に韓日外交葛藤が激化したことも海底トンネルの否定的な認識の拡散に影響を与えると予想される。

市ソン・サムジョン西釜山開発本部長は「韓日関係は、変数が多く用役自体が負担になるのは事実だ。一度海底トンネルの建設が釜山にどのような影響を与えるかから計算してみる」と話した。彼はまた、「韓日海底トンネルは、国家レベルの支援がなければ現実不可能なだけに、長期課題として推進する」と付け加えた。先立って昨年11月に釜山経済再生市民連帯が開催された韓日海底トンネル討論会で中央大学ホ・ジェワン(都市経済専攻)教授は、「韓日海底トンネルが65兆ウォン以下の費用で建設されると、経済性がある」と主張した。

 

国際新聞 2017年1月10日の記事を翻訳

  • 報道関係資料

講演会だより

会長スピーチコーナー

論文コーナー

会員・寄附募集

ビデオ紹介

パンフレット

Q&A

九州地区の産業政策

第二国土軸構想

日本海国土軸構想

ページの先頭へ