プロジェクトProject

日韓トンネル構想と世界平和実現へのビジョン

日韓トンネル・プロジェクトのスタート

1981年11月10日、韓国・ソウルにおいて第10回「科学の統一に関する国際会議」(ICUS)が開催された。同会議には,全世界からノーベル受賞者をはじめとする各分野の自然科学者、人文・社会科学系学者、文化人など総勢720名が参加した。その全体会議において、同会議の創設者である文鮮明師が「アジア大ハイウェイおよび日韓トンネル構想」を提唱された。
 
 
この会議には日本から西堀栄三郎氏(日本山岳協会会長)が参加されていたが、国際ハイウェイ・日韓トンネル構想に接し、「自分も相当大きなことを言ってきたが、それをはるかにしのぐスケールだ」と、いたく感銘を受けられた。西堀栄三郎氏は日本に戻るとすぐに、「日本でも、日韓トンネル・プロジェクトを始めるべきだ」と主張され、「日韓トンネル研究会」(西堀氏の紹介で佐々保雄氏(北海道大学名誉教授)が会長)が1983年5月、東京に創設された。
 
西堀氏と佐々氏は同じ社団法人・日本山岳協会の会長を担った人物で、前会長(第13代)と次の会長(第14代)という関係であった。佐々氏は地質学の権威で、青函トンネルのルートを選定した中心人物であり、日韓トンネル研究会にはまさにうってつけの人物であった。

アジア大ハイウェイ構想

ここで、「アジア大ハイウェイおよび日韓トンネル構想」の歴史的背景について見ておきたい。文明史の変遷を見てみると、人類の古代文明はエジプト文明やメソポタミア文明など熱帯文明からスタートし、つぎにギリシア・ローマの半島文明に移行し、その後,英国を中心とする島嶼文明に移り、大英帝国を中心として海洋文明が世界を席巻した。

 
さらにその後、文明は大西洋を渡って米国に上陸し、大陸文明として結実。米国はその恩恵を受けて200年余りで世界最強最大の国家となることができた。米国内でも東部から西部へと開拓が進み、太平洋に到達すると、太平洋を渡って日本に至った。日本に上陸した西洋文明は120年間の期間を経て、隣の韓半島に移っていった。その象徴的出来事が、1988年に韓国で開催されたソウルオリンピックである。

つまり、アジアに経済基盤を確立するために真中に物流の大動脈である平和高速道路・平和高速鉄道などのインフラを整備して、日本から韓国・北朝鮮を経て、中国に至る東アジア共同体を建設していくという構想を打ち出されたのである。

繁栄の120年を過ぎた日本は、当時さらに繁栄を享受するのか、衰退の道を歩むのかの岐路に立っていた。さらなる発展のためには、日本は文明史的に見て韓半島と陸続きになる必要があったのである。

実際、1990年代の日本は「失われた十年」といわれた。しかし、今になって振り返ってみれば、「失われた二十年」といえる。この間日本はバブルの崩壊、経済の低、政治は混乱し、人心が乱れ犯罪が激増する社会となってしまった。

アジアの平和と経済基盤実現のビジョン

日韓関係は歴史的に恩讐関係にあるが、それを乗り越えて両国の間に「愛の掛け橋」を架け、平和のトンネルを作ることによって、両国の間には真の平和が生まれてくる。
日韓が結束すれば、欧米とともに太平洋の島嶼国家諸国群も協力してくるようになる。

かつて、明治維新で西郷隆盛によって江戸城が無血開城されたように、北朝鮮も武力による南進政策を捨てて、平和的に南北を統一する考え方に転換するきっかけにもなり得るのではないか。それによって、韓半島の平和統一も実現されることになる。

こうなれば、アジアの平和が保たれるだけではなく、世界第一の経済圏が生まれることになる。新しい理念による経済基盤の確立である。あわせて高速道路網をアジア全域に拡大することを通じて、アジア共同体へと発展していくことだろう。

そのときに大きな問題となるのは、国境であり人種、民族、思想などの対立である。それらの「壁」を打破して、平和的に一つになるようにリードしなければならない。それこそ、日本が主導権をもって果 たすべき歴史的使命であり、日本が平和外交に徹してアジアをリードすべきである。そのための精神的支柱は高次元的な精神でなければならない。

ドーバー海峡の英仏トンネルは、英仏両国の首脳会談で合意され、その後、4年で貫通した。その技術の多くは、日本のトンネル技術を使った。英仏トンネルができた直後に、欧州連合(EU)が誕生した。EUの誕生によって域内をノービザでの往来が可能になった。通貨もユーロで統一された。

同様に日韓トンネルが貫通すれば東アジア共同体、その先にはアジア共同体が見えてくる。将来は共通通貨も誕生するに違いない。東アジア共同体だけでも、世界第一の経済圏となり、アジア全体となるともっと大きな経済圏となる。これらの恩恵を世界に拡大させていく。

高速道路の建設は、世界平和を実現する具体的方案である。歴史上これまで「世界平和」が何度も謳われてきたが、それをどのようにしていけば実現されるかは明確ではなかった。しかし、この高速道路建設という方案によって世界平和は実現されるのである。

精神的基盤と経済基盤の双方があいまって、世界恒久平和が実現されていく。その出発点が「日韓トンネル」である。「日韓トンネル」は世界平和の発信基地への入口である。それに対して、日本が技術力と経済力で貢献すれば侵略国家という汚名は返上され、どの国からも歓迎されるようになる。日本にとってこれ以上の希望はない。これが、日本の行くべき道である。

初代理事長・会長紹介

初代理事長・会長
故 梶栗玄太郎

略歴

1982年、国際ハイウェイプロジェクト・日韓トンネル計画を具体的に推進するために、国際ハイウェイ建設事業団を東京に設立、理事長を歴任。
2009年には新たに一般財団法人国際ハイウェイ財団が設立され、初代理事長・会長を歴任しました。
 
2012年12月26日午前6時10分、逝去、享年75歳。

1937年福岡県生まれ、芝浦工業大学土木工学科卒業。

  • プロジェクト

講演会だより

会長スピーチコーナー

論文コーナー

会員・寄附募集

ビデオ紹介

パンフレット

Q&A

九州地区の産業政策

日本海国土軸構想

ページの先頭へ