九州現場だよりScene News

壱岐調査斜坑口伐採作業完了 – 現場だより7月号

◆壱岐調査斜坑口伐採作業完了

壱岐調査斜坑工事に向け、5月に丁張りが完了しておりましたが、去る6月に斜坑口への取付道路予定地の伐採作業が行われ工事前の準備が完了しました。

国際ハイウェイ財団の大江顧問、壱岐現場の松村所長が中心となって行われましたが、予定されている取付道路は幅員5m、距離200mと敷地面積はかなりのものとなる上、段差も多々あり6月21日から30日までの10日間に渡る作業となりました。梅雨の時期でもあり、途中、雨に見舞われることもありましたが、壱岐においては50年ぶりといわれる大雨が降りだす直前に作業を終えることができました。

 

草木が生い茂っていたところがすっかり見晴らしよくなり、9月に予定されている取付道路工事、そしてその後の斜坑口工事に向け準備は万端です。

 

201707_1

伐採した工事予定地

 

201707_2

伐採した工事予定地

 

201707_3

指さされている方向に向け斜坑が掘削されます

 

201707_4

壱岐現場から望む玄界灘

 

  • 壱岐調査斜坑口伐採作業完了 - ...

講演会だより

会長スピーチコーナー

論文コーナー

会員・寄附募集

ビデオ紹介

パンフレット

Q&A

九州地区の産業政策

日本海国土軸構想

ページの先頭へ