九州現場だよりScene News

坑口の長さが20mになる-現場だより7月号

■対馬・阿連斜坑 10m延伸工事をし坑口の長さが20mになる

201507_1
昨年7月に坑口を設置した対馬の阿連斜坑口で、6月25日からトンネルを10m延伸する工事が行なわれた。

7月10日には型枠が外され、コンクリートのアーチ形の屋根が現れ、全長20mとなった。

 

201507_2

これまで山の斜面から5mほど離れていて、応急の屋根が付けられていたが、この工事によって斜面と接することになった。写真でまだ型枠が付いているところが、工事個所です。

 

人物は、内山勝乃・対馬事務所所長。

201507_3

201507_4

 

  • 坑口の長さが20mになる-現場 ...

講演会だより

会長スピーチコーナー

論文コーナー

会員・寄附募集

ビデオ紹介

パンフレット

Q&A

九州地区の産業政策

第二国土軸構想

日本海国土軸構想

ページの先頭へ