九州現場だよりScene News

来月よりメガソーラー発電開始-現場だより11月号

■唐津・名護屋斜坑 メガソーラー発電事業の国策への貢献とメンテナンス費軽減のために遊閑地賃貸

唐津の名護屋斜坑敷地では、政府の再生可能エネルギー政策に貢献すべく、工事に障害とならない遊閑地をメガソーラー発電に充てることにして、4月から始めた工事が終了し来月12月から発電を始めることになった。

 

用地6000坪を太陽光発電業者「未来唐津ソーラー」に向こう20年間賃貸し、約1、5メガW/Hの発電をする。唐津事務所には600mの調査坑が掘られているが、その保守管理に電気代など維持費用が必要であるが、そのメンテナンス代の足しになることが期待される。

 

201511_1

 

201511_2

 

201511_3

 

201511_4

 

201511_5

 

201511_6

 

201511_7

 

201511_8

 

 

  • 来月よりメガソーラー発電開始- ...

講演会だより

会長スピーチコーナー

論文コーナー

会員・寄附募集

ビデオ紹介

パンフレット

Q&A

九州地区の産業政策

第二国土軸構想

日本海国土軸構想

ページの先頭へ