ニュースnews

世界日報にジムロジャース氏が福岡での講演の様子が掲載されました

米国人著名投資家ジム・ロジャーズ氏は9月16日に福岡市内のホテルで「東アジアと日本経済の展望及び九州の方向性」と題して講演しました。

後援の中で日韓トンネル構想については、「38度線がなくなれば、朝鮮半島で移動の自由が起きる。その時、日韓トンネルが極めて重要になる。日本が朝鮮半島を通ってロシアや中国とつながるからだ」と主張していました。

 

また、世界日報に取材に対して「トンネルは日本と韓国を経済的にも人間的にも結び付ける。これは素晴らしいことだ」と強調し、

日韓トンネルが完成した時は「子供を連れて東京からトンネルを通ってロンドンまで車で旅行したい」と、夢を語っていました。

 

取材記事全文は以下の世界日報のサイトよりご覧いただけます。

米投資家ジム・ロジャーズ氏 福岡で講演、唐津の現場も視察

 

掲載された新聞記事は以下よりご覧いただけます

 

※記事へのリンクは報道関係資料のページにも記載しています。

報道関係資料

  • 世界日報にジムロジャース氏が福 ...
  • ニュース

講演会だより

会長スピーチコーナー

論文コーナー

会員・寄附募集

ビデオ紹介

パンフレット

Q&A

九州地区の産業政策

日本海国土軸構想

ページの先頭へ