報道関係資料詳細記事Press Relations Article

中国の北京から日本の東京への直通高速列車が7年後に実現するかもしれない

網易

2020-12-25 08:07

 

最近、国際的に有名なシンクタンクYINGCAI研究所は、対馬海峡トンネルの建設時期は熟していると考えている。2020年において中国、日本、韓国がすでに世界のトップ10の経済国であり、これに北朝鮮を加えた4か国の人と物の流通は海峡トンネルを建設するための莫大な費用を回収するのに十分であるからだ。

 

対馬海峡海底トンネルは、日本の九州の佐賀県と韓国の釜山の間に建設される予定である。佐賀県鎮西町の地下から100メートルから200メートルを掘削し、壱岐海峡の底を17キロメートル、壱岐島の地下を18キロメートル、対馬海峡の底を47キロメートル横断して対馬島に向かう。対馬海峡23キロメートル、海峡底68キロメートル、巨済島30キロメートルを通過し、深さ300メートルに達する。長さ250キロメートル、長さと深さは世界最長。海底トンネルは、高速旅客・貨物列車用に直径11メートルのトンネルを建設する計画であり、プロジェクトの総費用は約800億米ドルと見積もられており、九州の唐津から対馬島までを日本が、そして対馬島か釜山までを韓国が責任を負います。ビジョンの素晴らしさ、巨大なスケール、そしてプロジェクトの難しさと危険度は特異なものである。

 

同時に、東アジア高速鉄道の建設も予定されており、東アジア高速鉄道は北京から始まり、中国北東部を経由して朝鮮半島に入り、平壌とソウルを結び、対馬海峡を通過し、海底トンネルで日本の大阪、東京を結ぶ。高速鉄道は時速350キロメートルの速度で、北京、ソウル、東京、大阪などの世界クラスの都市を結ぶ。日本の早稲田大学の佐々木教授は、東アジア高速鉄道が世界最大の旅客輸送量をもつ高速鉄道になると考えてる。北京で朝食をとり、東京で昼食をとることもできる。高速鉄道の年間純利益は130億米ドルに達し、建設費の全額は10年以内に回収できると考えられる。

 

対馬海峡トンネルと東アジア高速鉄道の建設を同時に行うことができる。推定建設期間は7年。投資額は対馬海峡トンネルに700億米ドルで、東アジア高速鉄道には780億米ドルで、2つの主要プロジェクトの総投資額は1,480億米ドルとなる。北京、天津、平壌、ソウル、釜山、大阪、東京などの超大型都市を結んでおり、世界最大の旅客数を誇る交通幹線となる。

 

記事全文はリンク先のページをご覧ください

中国の北京から日本の東京への直通高速列車が7年後に実現するかもしれない

  • 中国の北京から日本の東京への直 ...

講演会だより

会長スピーチコーナー

論文コーナー

会員・寄附募集

ビデオ紹介

パンフレット

Q&A

九州地区の産業政策

日本海国土軸構想

ページの先頭へ